☆3、南回帰線、ペルー ロメリージョ農園他産

Review of:

Reviewed by:
Rating:
3
On 2021年2月4日
Last modified:2021年2月4日

Summary:

評価 :3/5。

小さなちょっとレトロな雰囲気のお店

自家焙煎珈琲豆店 南回帰線、コーヒーベルトを挟む南回帰線と北回帰線から名付けられた名前です。素敵な名前ですが、小さなちょっとレトロな雰囲気のお店にコーヒーと焙煎にめちゃくちゃ詳しそうな親父が一人というのも店の名前とぴったりです。

南回帰線ではシティーローストのロメリージョ農園のコーヒーを購入しました。
ペルーはあまり高品質コーヒーの産地とは知られていませんが、堀口珈琲が販売しているフェスパ農園や、カップオブエクセレンスなどで名前を聞くようになったアグロタケシなど素晴らしいコーヒーが日本にも輸出されています。

店主もおっしゃっていましたが、この南回帰線、酸味控えめでパンチ(おそらく苦味とコクを意味されている)のあるコーヒーが売りでお客様にも人気があるとのことでした。今回はシティーローストを豆で購入・・・。
写真にもありますが、これ本当にシティロースト??と思うくらい色が黒いです。他店のフルシティやフレンチローストくらいありそう・・・。実際に飲んでみると確かにシティローストっぽく苦味は控えめでややコクがありました。バランスが良く、柔らかい飲み口の中に少し果実感を感じる。落ち着く美味しさなので☆3としました。

次はオススメの深めのローストをぜひ試してみたい、店主ともいろいろお話ししてみたいと思わせる興味深いお店とコーヒーです。

ペンネーム マホロ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA